内部監査員のためのコミュニケーション講座

内部監査員のためのコミュニケーション研修を、従業員100名ほどの
企業で行いました。

参加者は約15名。 ほとんどが管理職で、40才~50才が中心です。

内部監査員には規格の要求事項など専門知識も必要ですが、何よりも監査で
重要なのはコミュニケーション能力です。

特に内部監査では、おなじ社内の人間同士ですので、お互いが協力して
これからの経営に役立つ、建設的な意見を引き出すことで、内部監査の
効果が高まります。

でも、コミュニケーションが大切です。と言葉で説明しただけでは
伝わりにくく、またある程度ベテランの方は、コミュニケーション
スキルなど学ばなくても問題ない、と思っている方もみえます。

そこで、私の研修はコミュニケーションのスキルを教えるのではなく、
参加者の人が自然に気づいてもらえるよう、エクササイズを中心に行います。


エクササイズをすることで、参加者の方に、自分のコミュニケーションの
やり方を見直していただき、コミュニケーションのポイントを
気づいていただくのが目的です。

実際にエクササイズをやってみると、自分の話していることが相手に伝わって
なかったり、何気ない動作で相手が不快感を感じていることがわかります。

エクササイズやゲーム中心で行いますので、楽しい雰囲気の中で、
あっという間に研修は終わってしまいました♪


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eco-support.jp/mt/mt-tb.cgi/145

comment submit

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)