環境活動のマンネリ打破に、エコステージの勧め

先日、知人の勤務している企業から、ISO14001を取得して
6年が経つが、環境活動がマンネリ化していると相談を受けました。


環境活動を6年もしていると、環境活動がマンネリ化してしまい、
活動成果もあまりなくなり、従業員の参加意欲も落ちてしまった。

また外部審査を受けても是正事項がほとんどないため、審査自体もマンネリ化して
今後も認証を続ける必要があるのだろうかと、疑問を持っていると言われました。

そこで、「ISOからエコステージに切り替えたら」と提案しました。


エコステージは、コンサルティングと審査機関が同じ会社が行います。
そのため、審査が甘いんではないかとか、慣れ合いになるのではと心配される方も
みえますが、エコステージでは審査の時に是正事項を指摘するだけでなく、
改善意見として、企業経営に役立つ意見を、ドンドンご提案いたします。


改善意見は審査する側からの提案ですので、実施するかの判断はお客様に委ねますが
私たちがコンサルとして培ったノウハウや他社の活動事例等を参考にして、
お客様に役立つ最新の情報や事例を改善意見としてご提案いたします。


つまりエコステージは、審査と同時に環境活動のコンサルティングが受けれます。

エコステージの審査では、環境活動で困っていることを、お客様からどんどん
出していただき、審査する側もより良い解決方法がないか知恵を絞って、
改善意見として回答します。


そのため、環境活動がマンネリ化したり停滞したりすることは、審査機関としての
改善意見が不適切だったことになりますので、私たちもお客様にあった改善意見が
提案できるよう、常に努力しています。


知人からも、エコステージにすることで、今までマンネリ化していた環境活動に、
新しいアイディアが入るし、困ったことやわからないことが、気楽に相談できる
といって、大変喜んでいただけました。

エコステージのことなら、エコサポートへ
http://www.eco-support.jp

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eco-support.jp/mt/mt-tb.cgi/140

comment submit

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)