よくある質問

ISO14001とエコステージと、どちらがいいですか?

今まで環境活動をしたことがなく、専任スタッフもいない企業はエコステージから、取組むことをお勧めします。エコステージは企業のレベルに合わせて環境マネジメントシステムを構築することができ、また構築指導と評価機関が同じため、認証取得まで一貫した指導が受けれます。
ただ、ISOのほうが知名度が高いため、会社方針や取引先のグリーン調達基準がISO14001のみである場合は、ISO14001をお勧めします。
尚、エコステージからISO14001へのステップアップも可能で、弊社のエコステージ指導は将来ISO14001へ移行できるよう、共通の帳票を使っていますので無駄なく取組むことができます。

環境活動をする経営メリットは何ですか

 環境活動をする経営メリットは、環境活動テーマの選定によって様々な効果が期待できます。
特に中小企業の場合は、環境負荷の少ない事業場が多いため、自社の企業活動にあった活動を
環境活動として取組むと経営メリットも得られます。

例えば
?品質管理を強化して不良品をなくす。
 不良品が減れば、材料の無駄遣いもなくなり、資源の有効利用やエネルギーの節約、そして
 廃棄物の節約に効果があります。

?作業改善活動
 作業改善をすることで効率アップすれば、エネルギーの節約になります。

?安全衛生活動
 労働災害は作業効率を著しく低下させます。安全で働きやすい職場づくりは、無駄をなくし
 作業効率を向上させます。

?環境配慮型の製品の製造
 環境に配慮した製品や省エネ製品を開発し、販売することで、客先(ユーザー)での環境負荷を
 軽減することになります。


その他に、間接的な効果として

?社内管理体制の確立
 今まで不明確であった社員の役割や責任、指示命令系統を明確にできます。また、認証取得を
 きっかけに経営者の世代交代をスムースに行なう企業もあります。

?人材の育成と有効活用

?社内ルールや手順の明確化と周知徹底

?文書類の管理や整理整頓ができる


などなど、環境マネジメントシステムを活用すると、さまざまな経営メリットが得られますので
くれぐれも、認証取得だけを目標にして環境活動を実施しないでください。

 詳しくは、弊社トップページから無料ダウンロードできる「認証取得で失敗しないための
7つのポイント」をお読みください。

取引先へのグリーン調達で外部認証を推進する時の注意点は

これから環境活動を推進する場合に、取引先への外部認証取得の進め方が問題になってきます。
特に取引先が小規模の場合は、経費やマンパワーなどで負担増を強いることが懸念されますが、実際に弊社が指導してきた事例から、指導上の注意点としては
?外部認証の取得条件をISO14001のほかに、中小企業向けのエコステージなどを含ませる。
?時代の変化や環境活動の必要性を、一般論だけでなく、経営上の具体的なメリットを中小企業の事例を使って説明する。
?説明後のフォローアップを確実にする。
?取得期限を明確にする。
?外部講師やコンサルタントを活用する。

などがあります。
こういったポイントを押さえてグリーン調達を推進すると、実際に取引先からの要求で、しぶしぶ?環境活動をはじめた取引先からも、”やってよかった”、”会社のレベルが上がった”、”社員の意識が変わった”という声が聞こえてきます。

ぜひ、取引先と協力して環境活動を展開してください。
尚、詳しい内容については、相談窓口よりご相談ください。

ISO14001やエコステージを取得すると、環境負荷物質(SOC)管理ができるのですか

ISO14001やエコステージなどの環境マネジメントシステムを活用して、環境負荷物質(SOC)の管理体制を構築することはできます。
特に最近は、欧州のWEEE指令やRoHS指令、REACH規制など、次々と化学物質の規制が強化されています。

そういった規制に対応するために、弊社でもエコステージやISO14001のコンサルティング時に環境負荷物質(SOC)管理体制の構築を指導していますが、注意点としてISO14001やエコステージを認証取得しただけでは、環境負荷物質(SOC)管理ができていることにはなりません。

環境マネジメントシステムを構築する際には、化学物質の規制基準を十分理解し、自社に適した環境負荷物質(SOC)管理体制を組み込むことで、合理的な環境マネジメントシステムが構築できます。

詳しい内容や具体的な事例につきましては、弊社までお問合せください。

内部監査員の育成をしたいのですが

内部監査は従来の仕事にほとんどなかったしくみですので、一般的な教育だけでは、実際に内部監査をしてもうまく機能しない場合があります。
弊社では、実践的な内部監査員の育成とレベルアップのために、下記の教育プログラムを提供しています。

?内部監査員基礎教育
規格の要求事項の説明から、お客様がつくられた環境マニュアルや帳票類を使って、監査員教育を行います。お客様の会社に講師が出張して教育をしますので、自社の帳票を活用して教育から演習、さらにサイトツアーを行い、内部監査の基礎知識と実務を学びます。

?内部監査員レベルアップ教育
基礎教育が終わった監査員に対して、事例を使って不適合の指摘方法やランク付けの練習をします。他社の事例をつかうことで、監査員の視野が広くなり、監査全体の流れを理解しながら、より本質的な改善ポイントを見つける訓練をします。

?内部監査員コミュニケーション能力向上教育
監査を上手に行うためには、他人とのコミュニケーション能力向上が必要不可欠です。同じ会社の社員で、毎日顔をあわせていても、いざ監査となると、緊張したり、スムースな会話ができなり、監査が中途半端で終わることがあります。
弊社では初対面の人でも、短時間で信頼関係を構築して、コミュニケーションを良好にする、ラポールテクニックをワークショップ形式で練習します。また、監査時の質問の仕方やさらに問題点を追及するための質問テクニックもあわせて指導して、本質的な監査能力を向上させます。

*内部監査員教育に関する詳しい内容は、相談窓口からお問い合わせください。